ブログ

2016.05.14

汗と痛みの関係

皆さんこんばんは~!(^^)!

名古屋市北区上飯田の太陽の接骨院です。

日中は日が当たると夏並みに暑さを感じますね。汗の量も増えてきましたね。

汗をかくことは身体が冷やされることにもなります。できるだけ綿素材の肌着で汗を吸ってもらい、

また取り換えるという事を一日の中で繰り返すことが大切です。

取り換えずにそのままにしておくと、冷えたままになり、痛みがある個所がより痛んだりしてきます。

あと、汗をかき過ぎることは体力も激しく消耗するため、例えば風邪の初期に長湯してしまうと身体が弱り風邪が悪化することも

あります。ある程度汗をかくことは代謝が上がりいい事なのですが、時と場合により悪いものに変わることもありますので、

これからの梅雨時期の湿気や、汗には気を配りたいものですね。

 

※交通事故でお困りの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

TEL:052-981-7765メールでのお問い合わせWEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
WEB予約