早期回復を目指したスポーツ専門治療

保険が使用できるスポーツのケガ

スポーツにケガはつきものです。だからこそ、ケガの後の処置はとても大切です。スポーツによるケガは大きく分類すると「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類に分かれます。ケガの症状改善はもちろんですが、再発防止を目指しながら、定期的な身体のメンテナンスをおすすめしています。

名古屋市北区の「太陽の接骨院」では、スポーツによるケガの早期回復目指して、患者様のスポーツライフに合わせた治療をご提案させて頂いております。ご自身の身体の状態について理解を深め、今後も楽しく精一杯スポーツに励むことができるようにしましょう。

スポーツ外傷は保険が適用できます

  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫・突き指
  • 筋挫傷(筋違い・肉離れ)
  • 打撲

以上のような、スポーツ中に、外力が加わることで起こったケガを「スポーツ外傷」と呼びます。

プレー中や練習中に

  • 転倒してケガをした。
  • ジャンプ着地時に足をくじいた。
  • 走っている最中に肉離れを起こした。

このような、ケガの発生理由が明確な急性症状が対象となり、保険を使用した治療ができます。

 

ケガは早期対応が早期回復のカギ

スポーツ専門治療|名古屋市北区の太陽の接骨院このようなスポーツ外傷による症状に対しては、早めの状況確認と治療が大事です。放置している間に症状は進んでしまうので、痛みを感じたらすぐに対応を考えましょう。

状態によっては骨に異常がないかを調べるためにレントゲン検査を勧めさせて頂くこともあります。その際は、当院が信頼している整形外科をご紹介させて頂きますので、まずは、太陽の接骨院へご連絡下さい。

また、骨折と脱臼の治療を受ける際には医師の同意書が必要ですが、その場合も初めに当院へご連絡頂いて構いません。応急処置として骨折と脱臼の治療を受ける場合には、医師の同意書なしでも治療できますので、当院で整復させて頂きます。

 

適切な治療と入念なリハビリが大切です

スポーツ外傷による症状から回復するには、適切な治療と入念なリハビリが必要です。再び問題なく患部を動かせる状態にしてからのプレー復帰が、何よりも大事なポイントになります。

ケガが治っていないのにプレーに復帰すると私たちは患部をかばうようにして動かざるを得なくなり、ほかの部分に負担がかかって結果的にさらなケガを引き起こしてしまうケースもあります。焦らず着実な治療計画を守って回復を目指していきましょう。

 

亜急性のスポーツ障害

スポーツ障害の原因としては、

  • 繰り返された動作「オーバーユース」
  • ストレスの強くかかる動作「オーバーロード」

以上の2種類があります。

野球肘や野球肩、テニス肘、ジャンパー膝などの症状は繰り返された動作「オーバーユース」によって起こります。「オーバーロード」は頻度こそ少ないものの、大きな負担が特定の部位にかかったことによってあらわれます。こちらは重量挙げの選手などに起こりやすい痛みです。

慢性的な負担による故障:スポーツ障害

スポーツ障害|名古屋市北区

  • 野球肘・野球肩
  • テニス肘
  • ジャンパー膝
  • オスグッド
  • シンスプリント など

プレー中に繰り返した動作が原因となって起こるケガは「スポーツ障害」に分類されます。

  • 最近になって痛みが気になりだした。
  • 痛みを我慢していたら症状が悪化してしまった。
  • 痛みと同時に動かしにくくなってきた。
  • 以前にケガした場所が再発してきた。

このような症状がありましたら、なるべく早めにご相談ください。

早めに対応しないと手術が必要になるケースも

スポーツ整形|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツ外傷と同様に、スポーツ障害も早めの対応が大事です。スポーツ障害を放置しているとプレー復帰が難しくなることはもちろん、手術をしなければならないレベルにまで症状が悪化する場合もあります。そのため、少しでも痛みや違和感が気になるようであれば、早めに当院へご相談ください。

また、スポーツ障害は小さなお子さんになりやすい症状でもあります。成長期に差し掛かる際に発症しやすい症状も多いですが、痛みを我慢して練習を頑張り過ぎてしまうお子さんが多いのも事実です。

当院では、親御さんをはじめ、部活動の顧問の先生方、チームの監督・コーチの方々と相談しながら、治療をおこなって行きます。その子にとって、今、どんな選択肢がベストなのか、治療家である私たちが寄り添いながら症状改善に尽力します。

ご相談の多いお悩み・症状

当院ではスポーツ中のケガの治療に対応し、なかでもオスグッド、シンスプリント、野球肘・野球肩、ジャンパー膝などが多くなっています。これらの症状に該当する方は、是非、太陽の接骨院にご相談ください。

 

オスグッド

オスグッド|郡山まこと鍼灸整骨院オスグッドとは、膝を曲げたり走ったりするときに、膝下の骨に痛みが走る症状です。また、ジャンプや屈伸運動中に痛みが走る場合もあります。

10歳~15歳の成長期のお子様に多いとされていますので、保護者の方にご相談させて頂きながら治療させて頂きます。

 

 

痛みの原因

膝の痛み|名古屋市北区ジャンプや屈伸運動による膝への負担から、まわりの骨や靭帯の炎症が起こることが原因だと考えられています。

通常であれば、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は骨盤の前から膝の骨を通り、膝下の骨(脛骨粗面)に付着しています。しかし、ランニングやジャンプなどの動きは太ももの筋肉を引っ張るので、それによって膝に痛みが生じます。

特に成長期のお子さまは骨の成長が終わっていないので、スポーツ中、筋肉や骨への負担が大きくなります。オスグッドを治療するには、太ももの筋肉を和らげ患部の炎症を抑える必要があり、1ヶ月から2ヶ月ほどの時間がかかります。

 

シンスプリント

シンスプリント|名古屋市北区脛(すね)に痛みが走る症状のことをシンスプリントといいます。

初期症状ではスポーツ中に鈍い痛みが生じる程度ですみますが、症状が進行すると日常生活でも脛に激し痛みが走るようになります。

痛みの原因

シンスプリント|名古屋市北区

シンスプリントは別名「脛骨疲労性骨膜炎」と呼ばれ、脛骨とは膝から足首にかけての骨のことを指します。

  • 偏平足
  • 硬い地面などでのランニング
  • 筋肉の柔軟性の低下

などが主な原因として考えられています。

これらの原因によってふくらはぎの筋肉が引っ張られ、それによるストレスで炎症が起き、結果として痛みがあらわれるのです。ランニングやジャンプなどの動作が多いスポーツで起こりやすい症状だと言われています。

シンスプリントは回復までに時間がかかるため、治療中やリハビリ中のプレーは避けたほうが無難です。

 

野球肘

肘関節の内側にある筋肉や骨に炎症が起き、投げるときに患部が痛みます。また、腕が伸びないなどの可動域の制限もあります。

痛みの原因

野球肘|名古屋市北区膝関節の周辺組織の炎症によって発症する野球肘は、不適切な投球フォームの繰り返しが主な原因だと言われています。通常ではボールを投げるときには手首を曲げる筋肉を使いますが、ここでフォームが正しく定まっていないと肘の内側から手首までの筋肉に負担がかかり、痛みや可動域の制限などが引き起こされます。

軽度の症状では4週間~5週間ほどで治りますが、症状が重い場合には数か月の治療期間が必要になります。さらに、野球肘は再発するリスクが高いので、リハビリと同時に普段の投球フォームを見直すことも大事です。

 

 

野球肩

野球方|名古屋市北区

  • 関節を動かしたときに痛みが生じる「滑液包炎(かつえきほうえん)」
  • 肩の後面が痛むことから、肩を上げられなかったり違和感があったりする「棘上筋腱炎(きょくじょうきんけんえん)」
  • 肩関節から二の腕、肘にかけての痛みや可動域の制限がある「上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)」

など、野球肩にはさまざまな症状があります。

野球をしているときに痛むことはもちろん、症状の進行につれて普段の生活も厳しくなるケースもあります。

痛みの原因

野球肩にはさまざまな症状があるため、その原因も症状によって変わりますが、共通するものは「投球動作中の負担とストレス」です。不適切なフォームや疲れによって患部に負担がかかり、その結果、筋肉や軟部組織の炎症・萎縮、腱の損傷が起こります。

野球中にボールを投げるときは、腕だけでなく全身のバランスが使われています。そのため、野球肩の治療には患部のチェックに加えて全身のバランスを診たうえでの全身体的な施術が必要になります。また、再発防止を目指すためには、普段の投球フォームや姿勢を見直すことも重要ポイントです。

 

ジャンパー膝

バレーボールやバスケットボールをされている方に頻発する症状として、「ジャンパー膝」があります。正式には「膝蓋靭帯炎」と言われています。

スポーツ後に膝裏が痛んだり膝の靭帯が断裂を起こしたりなど、スポーツや日常生活に支障をきたすほどの症状があらわれます。早めに治療しましょう。


痛みの原因

ジャンパー膝はその名の通り、ジャンプによる膝への負担によって起こります。飛び上がるときと着地するときに膝や腰に大きな負担がかかっているためです。負荷のかけすぎが続くと患部がダメージを受け、結果として痛みなどの症状が引き起こされます。特にバレーボールやバスケットボールはジャンプをする動きが多いため、比較的ジャンパー膝が起こりやすいと言われています。

これらの症状にお悩みの方は、是非一度当院にご相談ください。患者様一人ひとりの症状を丁寧に確認し、症状改善とプレー復帰まで親身にサポートさせていただきます。

目指すはケガの早期回復と再発予防

プレー復帰後の無理は禁物です!

スポーツ外傷・スポーツ障害などのプレー中のケガからスムーズに回復し、問題なくプレーに復帰するためには、適切な自己管理とコンディショニングが必要です。

治療後、症状が楽になると、久しぶりにスポーツができることもあってか、つい気を張って無理な動きをしてしまいがちです。この段階で患部に負担をかけることによってケガや痛みが再発するケースが少なくありません。

そのため、復帰後は無理なプレーを避け、状況を細かく確認しながらスポーツに再度慣れていきましょう。

 

機能改善でケガをしにくい身体作りを

スポーツとケガは切っても切れない関係にあります。だからこそ、ケガをしてから対処するのではなく、ケガをしないように心がけていくことが大切です。

機能障害とは、関節や筋肉の柔軟性又は筋力そしてアンバランスなどにより身体の機能を低下させてしまった状態を言います。

機能低下を起こすと身体を正しく使うことができずに、様々なトラブルが出てきます。姿勢の悪さやむくみ、体重増加、又は歩行や寝がえり、階段の上り下りなどの日常生活で痛みが出やすくなります。またスポーツでのケガの頻度を高め、パフォーマンスを低下させる原因ともなります。

痛みを止めることだけではなく、根本原因の1つである機能低下を改善することで、バランスの良い身体、正しく美しい基本動作を取り戻しケガの治癒、そして再発防止に繋がります。ケガをしにくい身体づくりが当院の施術の柱として一番力を入れている所であります!

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ|名古屋市北区

名古屋市北区の太陽の接骨院では「ハイボルテージ療法」という早期回復治療を提供しています。ハイボルテージという治療機器を使用した物理療法によって、短期間でケガを治していく事が可能です。

 

どんな治療法?

ハイボルテージとは、高電圧電流を用いる鎮痛効果の高い治療法で、様々な場所で活躍します。特に急性外傷の治療に使われることが多く、太陽の接骨院に来院される方の多くはこの治療法により短期間で症状が改善されていきました。従来の電気治療に比べ、短時間で痛みを軽減できるほどの即効性があります。

 

アスリートに最適!オススメの治療法

ハイボルテージ|名古屋市北区特にスポーツ選手などからは「練習を休まずとも治してほしい」「短期間でしっかりと治してほしい」といったご要望を頂くことがあります。そんな時は、当院のハイボルテージ1分間療法を行う事によって全て解決することが可能です。

この機械は効果をその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多く、 あの野球のイチロー選手や松井選手、そしてサッカーのベッカム選手なども愛用してたことで話題になりました。

即効性があるだけではなく、手技療法ではアプローチしきれない深部までアプローチすることができますので、根本から治療することが可能です。もしも、ケガをしてしまったら、太陽の接骨院のハイボルテージ療法をオススメ致します!

TEL:052-981-7765メールでのお問い合わせWEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
電話でお問い合わせ予約する→TELへWEB予約 美容メニュー限定♪